Antibes: 地元の人が集まるビーチ・キャップアンティーブ(Cap d’Antibes)

ニースから程近い街・アンティーブ,そこにある地元の人が通うビーチ・キャップアンティーブを紹介.
水の透明度が半端ない!!本当に透き通っています.
さらには魚も泳いでいたりで,まさに自然のビーチです.

IMGP7768
【スポンサーサイト】

キャップ・ダンティーブ(cup d’Antibe)

キャップアンティーブ,正式には「キャップ・ダンティーブ(cup d’Antibe)」つまりアンティーブの半島という意味です.
アンティーブには旧市街の近くや,ジュアン・レ・パンのビーチなど,有名なビーチがたくさんありますが,たくさんの観光客で溢れかえっています.
それに対して,キャップアンティーブは,車やバスでないと行きづらいというデメリットのおかげで?人もそれほど多くなく,知る人ぞ知る,地元民に愛されている美しいビーチです.

IMGP7775 IMGP7763

写真からもわかるように,とても水が澄んでいます.夏はさすがに,それなりに人が多いですが,ジュアン・レ・パンなどに比べるとゆったり過ごすことができます.

IMGP7774 IMGP7769

この透明感,入らずにはいられないでしょう(笑).魚も泳いでいるので,シュノーケリングをしている人も結構いました.ジュアン・レ・パンやニースのビーチでセレブ気分を味わうのもよいですが,このキャップアンティーブのような地元民が愛する隠れ家的な美しいビーチで自然に触れるのもよいでしょう.

アクセス

車で行く方は,駐車場が無いので,海から一本入ったところのどこかに路上駐車する必要があります.午前中に行けば空いていると思います.バスの方はアンティーブの2番バスを使います.

【スポンサーサイト】

コメントを残す

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>